夕暮れタスク

俳句は日常

白靴

今週発表の俳句ポスト365の兼題は「白靴」

【白靴】 しろぐつ

夏用の装いに合わせた白い靴。メッシュ、白と淡色とのコンビ、ズック靴や、婦人用の素足に履くサンダル風など多種だが、雑踏の中で踏まれたり、汚されないかと気になるものでもある。

 わたしの俳句歳時記 - www.mysai.net -

今回はわりとイメージしやすいお題?と思いきや、そう簡単にはいかないのであります。

ファッションの流行が時代と共に変化するように、季語「白靴」の詠まれるシチュエーションも変化してきたと思われます。

現代だと、白い靴といえば真っ白なスニーカーなんかが浮かぶのですが、昔は男性が正装の時に履いた革やエナメル素材の靴のことだったようです。

今の時代に女性はともかく、男性が白い革もしくはエナメルの靴を履くというのはちょっと非日常的ですね。

ですから俳句のイメージもそういう非日常的なものになりました。

以下今回の投稿句です。

1.白靴の先は尖りて優男
2.丹念に白靴磨く夫妖し
3.白靴やトランペット吹きの汗の玉
4.ワイズ4Eの白靴求めたり
5.白靴に擦り寄る猫の声甘し
6.帰宅の途白靴の紐ややゆるり
7.白靴で語る愛やや嘘めきて
8.白靴の真白きことは儚くて
 
全部で8句投稿しましたが、この中で並選となったのが7番目の句。

白靴で語る愛やや嘘めきて

 私がイメージした白靴を履く男性というのは

「胡散臭い」

よってこのような句が生まれました。

 これがもしも白のスニーカーならば、「さわやか」となるのでしょうか。

 

それにしても、毎回「天・地」の句の「今回はそう来たか!」という「読めない発想」のすばらしさには感服いたします。

私もいつかそんな一句を作れたらと思うのです。

 

 

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村