夕暮れタスク

俳句は日常

額の花

今週はようやく梅雨らしいお天気になりそうです。

といっても、梅雨が好きなわけではないんですけど・・・。(どちらかというと嫌い。)

そんな梅雨のうっとおしい気分を少しでも上げたいので、ブログのデザインを変えてみました。

季節に合わせて紫陽花の写真などをタイトルバーに載せて。

そこで本日の一句

雨の闇きらりと光る額の花

 季語は「額の花」です。歳時記でこの季語を目にした時はいったい何の花?と思ったのですが、簡単に言えば紫陽花の種類のひとつなのですね。

紫陽花にもいろんな品種がありますが、「額の花」は、いわゆるガクアジサイ

のことです。

http://sizen-tenpaku.com/topikkusu/ajisai/

皆さんも、ガクアジサイの花びらに見える部分が、萼(ガク)の変化したものであることはご存知のことと思います。それでガクアジサイというのかと思ったら、花の周りの装飾花の部分(花びらにみえる)が額縁に見えることから額アジサイというのだそうです。一般に見られる手まり状のアジサイは、このガクアジサイ(原種)を改良したもので、花すべてが装飾花となったものです。

 

丸い形になるアジサイと違って少し地味目な感じの花ですが、私はどちらかというとこっちの品種の方が好みです。

紫陽花よりも渋い感じがして、こちらで一句作ってみたいなと思いました。

花と雨というのは、普通はあまり相性の良い組み合わせではないと思うのですが、紫陽花の場合は別ですね。むしろ雨に映える花です。

額の花の姿は星のようにも見えて、闇の中できらりと光る美しさ。

みたいなことを言いたかったのですが、もうちょっとかな。

 

それから、最後にお知らせです。

このたび俳句を投稿する際のペンネーム、いわゆる俳号を変更しました。

これまではここのニックネームでもある「かじけ猫」でしたが、

今後は「結矢(ゆや)ゆよん」になります。

俳句ポスト365では、同じような俳号での混乱を避ける意味でも姓・名の俳号を推奨されていましたので私もそれに倣って名前を考えてみました。

この俳号の由来は、ピンと来る方は来ると思うのですが、中原中也の詩からです。

”ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

でございます。(笑) 

中原中也「サーカス」

 

 中也の感覚と俳句は結びつかないようにも思えるのですが、尊敬する詩人の代表作の印象的なフレーズを使わせていただくこととします。

 

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

 

 

 

広告を非表示にする